犬飼の家

持ち家リノベーション・リフォーム

耐震+断熱

2,600万円

2023年12月

  • 断熱

    等級4

  • 耐震

    上部構造評点1.21

実家2世帯住宅リノベーション。
将来の介護を見据え、いつでも両親を呼べるように2世帯用にリノベーション。

投票数

23 24

投票受付終了

リノベーション後 After

犬飼の家

子世帯リビングからDKを見た風景。耐震上残る柱や壁が隣家からの視線を適度に遮りインテリア的にも良いアクセントになる

犬飼の家

子世帯キッチンからLDを見た風景。
広いLDKは南東の開口からの光で明るい

犬飼の家

親世帯LDKより玄関・子世帯のリビングの風景。

犬飼の家

親世帯LDKより寝室の通路。奥はウォークスルークローゼット。そのまま共同の浴室廊下へつづく

犬飼の家

両親の寝室の一画、水廻りへのアクセスも良く快適。

犬飼の家

2階、子世帯寝室の和室。欄間は紺色の合板でふさぎ、エアコン効率をアップ。窓は障子諷の二重サッシ。

リノベーション前 Before

  • 犬飼の家

    2階主寝室の和室。改修後は欄間は紺の合板でふさぎ、ふすまは壁になりました

  • 犬飼の家

    改修後は子世帯のLDK。キッチンからリビンゴみた角度です

  • 犬飼の家

    旧キッチンは北側は部付。改修後は対面キッチン

リノベーション施工中 Process

  • 犬飼の家

    浴室

  • 犬飼の家

    解体時

  • 犬飼の家

    解体時

  • 犬飼の家

    断熱工事

間取り Plan

リノベーション前

  • 犬飼の家

    和室2間続 北側キッチン・増築した応接室。日光届かず暗い室内でした。

  • 犬飼の家

    2階

リノベーション後

  • 犬飼の家

    玄関・浴室は共有ですが、2世帯それぞれが独立した動線で生活できるプランです。

  • 犬飼の家

    2階は3部屋共有でつかえるファミリークローゼットを追加。孫世代が帰省した時用の個室も整えしました。

物件概要

所在地
大分県豊後大野市犬飼
敷地面積
400㎡(121坪)
延床面積
149.85㎡(45.33坪)
構造
木造軸組工法
既存建築年
48年(築1976年)
改修竣工年月
2023年12月
省エネ基準地域区分
6地域
断熱性能
UA値:改修前3.26w/㎡・K ⇒ 改修後0.69w/㎡・K(改修前の4倍に向上)
耐震性能
上部構造評点:改修前0.45 ⇒ 改修後1.21
設計
阿部美代子
施工
株式会社 カワノ

企業紹介

企業名
株式会社 カワノ
Webサイト
http://www.i-kawano.co.jp

グレードとは

性能向上リノベでは、断熱と耐震のそれぞれの現行基準を3段階に分類し、基準を策定。性能向上リノベーションがされた証として、必要なエビデンス情報を登録し、安心・快適な家であるお墨付きの証として「性能向上登録証」を発行しています。これからの時代に選ばれる、安心・快適な家を可視化します。

断熱

ランク UA値 断熱等級
0.46 6
0.60 5
0.87 4
耐熱の説明

耐震

ランク 上部構造評点 耐震等級
1.5以上 3
1.25~1.5
未満
2
1.0~1.25
未満
1
耐震の説明
  • 建物は、自立循環型モデル住宅(在来工法)を対象に、地域区分は、6・7地域(都心部を中心)に策定しています。
  • UA値(外皮平均熱貫流率)とは住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値。値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。
  • 上部構造とは壁や柱など家の構造物のこと。上部構造評点とは、震度6強の地震で建物が倒壊しないために必要な力を数値で表した必要耐力(Qr)に対する現状の耐力の割合を表します。
  • 既存木造住宅の上部構造評点1.0、1.25、1.5は、品確法においての耐震等級1、2、3レベルに相当します。