2022年 エントリー作品

性能向上リノベ【AtelierM 】

リノベーション済み物件

耐震+断熱

1,500万円

2020年10月

  • 断熱

    等級6

  • 耐震

    上部構造評点2.37

現在の耐震等級基準に満たない建物のため、補強を加えると共に制震ダンパーを用いて耐震レベルを1.5の「倒壊しない」レベルまで引き上げました。また、断熱においても通常の吹付に加えて外張断熱も施し、UA値0.38でHEAT20におけるG2レベルを実現しました。

投票数

180 181

投票受付終了

リノベーション後 After

性能向上リノベ【AtelierM 】

仕切りを無くしたリビングは開放感溢れる空間に。

性能向上リノベ【AtelierM 】

キッチンはアイランド型にし、ぐるぐる廻れる導線が家事ラクに繋がります。

リノベーション前 Before

  • 性能向上リノベ【AtelierM 】

    昔の家ならではの土壁。空家期間が長かったからか、どこか暗い雰囲気でした。

リノベーション施工中 Process

  • 性能向上リノベ【AtelierM 】

    スケルトン状態にするため、手作業での解体作業。

  • 性能向上リノベ【AtelierM 】

    構造材の一部は朽ち、シロアリの被害も見られます。

  • 性能向上リノベ【AtelierM 】

    補強を重ね、地震に強い躯体を作り上げていきます。

  • 性能向上リノベ【AtelierM 】

    吹付、外張りの二重断熱。通気もしっかりと考慮し長く安心して暮らせる住まいを目指していきます。

物件概要

所在地
宮崎市本郷北方
敷地面積
405.03㎡(30.77坪)
延床面積
101.72㎡(30.77坪)
構造
木造
既存建築年
1971年(築53年)
改修竣工年月
2020年10月
断熱性能
UA値:改修前 3.12w/㎡・K ⇒ 改修後0.39w/㎡・K(改修前の8倍に向上)
耐震性能
上部構造評点:改修前0.61 ⇒ 改修後2.37

企業紹介

企業名
M図建築工房 株式会社
Webサイト
https://m-zu.co.jp/

グレードとは

性能向上リノベでは、断熱と耐震のそれぞれの現行基準を3段階に分類し、基準を策定。性能向上リノベーションがされた証として、必要なエビデンス情報を登録し、安心・快適な家であるお墨付きの証として「性能向上登録証」を発行しています。これからの時代に選ばれる、安心・快適な家を可視化します。

断熱

ランク UA値 断熱等級
0.46 6
0.60 5
0.87 4
耐熱の説明

耐震

ランク 上部構造評点 耐震等級
1.5以上 3
1.25~1.5
未満
2
1.0~1.25
未満
1
耐震の説明
  • 建物は、自立循環型モデル住宅(在来工法)を対象に、地域区分は、6・7地域(都心部を中心)に策定しています。
  • UA値(外皮平均熱貫流率)とは住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値。値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。
  • 上部構造とは壁や柱など家の構造物のこと。上部構造評点とは、震度6強の地震で建物が倒壊しないために必要な力を数値で表した必要耐力(Qr)に対する現状の耐力の割合を表します。
  • 既存木造住宅の上部構造評点1.0、1.25、1.5は、品確法においての耐震等級1、2、3レベルに相当します。